ミセスのコロンブスMVが炎上している理由9選!歌詞以前に全てがアウトとの声も

大人気3人組バンドMrs.GREEN APPLE(以下、ミセス)の新曲「コロンブス」のMVが大炎上しています。

日本だけでなく世界でも注目されているバンドがゆえに大問題となっている今回の騒動。

いったい何が原因なのでしょうか。炎上している理由を9つまとめて紹介します。


この記事を読むとこれがわかる

・Mrs. GREEN APPLEの新曲「コロンブス」が炎上している理由
・SNS上では厳しい意見も

スポンサーリンク
目次

ミセスのコロンブスMV 炎上している理由9選

ミセスのMVが炎上している理由は主に下記の9つが挙げられます。

コロンブスのMVが炎上している理由

理由①:そもそもコロンブスがアウト
理由②:先住民をサル扱いした描写
理由③:先住民を奴隷扱いしている描写
理由④:先住民の死を表現したシーン
理由⑤:先住民に労働させている
理由⑥:先住民に対する優性思想が垣間見える
理由⑦:卵を使った表現
理由⑧:誰も問題視せずに公然とYoutubeに発信したガバナンス体制
理由⑨:この楽曲がコカ・コーラのタイアップ曲であること

理由①:そもそもコロンブスがアウト

大前提として、この楽曲が最も炎上した原因となっているのがこの「コロンブス」というタイトルです。

コロンブスといえば、一度は聞いたことあるかと思いますがアメリカ大陸を発見した西洋人です。

彼は偉業ばかりにスポットライトがあっていましたが、多くの問題も起こしています。

それが、「先住民虐殺」や「感染症の持ち込み」です。

実際にコロンブスが来航したことにより、先住民の人口は10分の1以下になったともいわれれています。

さらにスペイン人による大量虐殺、過酷な強制労働や虐待などによって先住民人口は激減し、17世紀には10分の1以下になった。

引用元:現代メディア

そんな背景を知ってか否か、このミセスのMVには先住民を「サル」のように表現しているのです。

スポンサーリンク

理由②:先住民をサル扱いした描写

実際にこのMVに出てくるミセス3人は西洋人のようなきれいな格好をしているのに対し

それ以外の登場人物はサルにしか見えない形で表現されています。

筆者としては、もうこの時点ではっきりアウトだと思います。

特にネイティブアメリカンの方々がこれを見たら・・反応は想像に難くないです。

理由③:先住民を奴隷扱いしている描写

またそれだけにもとどまらず、度々人力車を引かせているシーンも登場します。

馬と並列で描かれているため、このシーンだけで強制労働を想起させてしまいます。

西洋人>先住民 の人種差別といわれても仕方がない表現です。

スポンサーリンク

理由④:先住民の死を表現したシーン

さらにMV内では、突如先住民がなくなるシーンが映し出されます。

のちのシーンでこれは映画であるとわかるのですが、そのシーンを先住民たちと見るという

とらえ方によってはサイコパス差を感じてしまうような描写となっています。

そしてここでも手前がミセス、後ろが先住民と演出とはいえよくない映り方をしてしまっています。

些細なことでも人権侵害となってしまう現代の価値観にはマッチしてないことは明確です。

理由⑤:先住民に労働させている

また、先ほどの強制労働ほどではないですが、何か文明を教えつつ労働させているように見えるシーンも存在します。

こうやって労働力を実際に搾取してきたという歴史があるからこそ、

なおのこと、この表現はアウトに感じてしまいますね。

スポンサーリンク

理由⑥:先住民に対する優性思想が垣間見える

また、教えるという観点ではピアノを教えているシーンも存在しています。

これも意図はしていないとは思いますが、西洋人のほうが先住民より優秀で教える立場にいる

といったシーンを想起させてしまう可能性があります。現代社会ではかなりグレーですね。

理由⑦:卵を使った表現

また、終盤には卵を使ったシーンもあります。

ここでは先住民は卵を立てることができず苦戦するという表現がされており

ミセスのメンバーは一発で立てているところからもグレーな表現となっています。

おそらくコロンブスにまつわることわざ「コロンブスの卵」になぞらえた表現をしたかったのでしょうが

うまく洒落を聞かせた結果かえって感じの悪い表現となってしまっています。

スポンサーリンク

理由⑧:誰も問題視せずに公然とYoutubeに発信したガバナンス体制

ここまで問題だらけの表現が満載のMVを、全世界の方が視聴できるYoutubeにアップロードした点も問題です。

自主制作ならまだしも、Universal Musicなど大手制作会社が関係しているにもかかわらず制作されたため

企業としてのガバナンスも問題視されてしまうような事案です。

理由⑨:この楽曲がコカ・コーラのタイアップ曲であること

さらに、この曲は日本コカ・コーラのタイアップソングとなっています。

コカ・コーラといえばアメリカの会社。まさに泣きっ面に蜂です。

このタイアップにより世界中から注目されるとなると、なおのこと問題は根深くなりますね。

スポンサーリンク

ミセスのコロンブスMV 全てがアウトとの声も

SNS上では案の定大炎上しており、様々なコメントが寄せられています。

一方で、さすがのファンと思われる方々も今回の騒動を真摯に受け止めているようです。

筆者としても、今回の騒動は完全にアウトで即刻動画は非公開にするべき事案だと考えています。

日本に住んでいるとなかなか海外の歴史観に触れにくいところもありますが、こういった背景こそ学校で学ぶべきです。

そしてなんといってもファンも行儀がいいことがよくわかる良質なバンドなので

今回の騒動をしっかり反省し、今後に活かしていただきたいですね。

スポンサーリンク

ミセスのコロンブスMVが炎上している理由7選!歌詞以前に全てがアウトとの声も まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のMV騒動を受けて、彼らの今後の対応次第では本当に社会的に消されてしまう事案でもあります。

今後の経過については随時更新させていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次