【なぜ】岩友親方(木村山)の死因となった病気は何?若すぎる死に驚きの声が多数

大相撲の岩友親方(元幕内・木村山)が42歳という若さで逝去され、衝撃が走っています。

今年5月に入院したばっかりだった岩友親方にいったい何があったのでしょうか。

この記事では、死因となったとされる病気やSNS上の反応についてまとめていきます。


この記事を読むとこれがわかる

・岩友親方(木村山)の死因は何だったのか
・SNS上の反応まとめ

スポンサーリンク
目次

岩友親方(木村山)の死因となった病気は

岩友親方といえば、かつて春日野部屋に所属し本名である木村守から「木村山守」として活躍した元力士です。

2014年1月に引退してからは岩友親方となり、同じく春日野部屋の指導を続けてこられました。

そんな岩友親方ですが、2024年7月6日に42歳という若さでお亡くなりになられました。

2024年5月から入院をして病気療養を続けてきた岩友親方は、

6月にはドルフィンズアリーナでのイベントにも参列し元気な姿を見せていました。

そんな中で病状が悪化してしまったとのことですが、いったいどんな病気だったのでしょうか。

病名は公表していない

岩友親方が罹患していた病気については公表されていませんでした。

今回の訃報でも明らかになってはいませんが、一部ではPTSDだったのでは?ともうわさされています。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は,圧倒的な外傷的出来事の侵入的な想起が反復して生じる病態であり,その想起は1カ月以上続き,出来事から6カ月以内に始まる。本疾患の病態生理は完全には解明されていない。症状としては,外傷的出来事に関連する刺激の回避,悪夢,フラッシュバックなどもある。診断は病歴に基づく。治療は曝露療法および薬物療法から成る。

引用元:PSDマニュアル

歴代の横綱にも短命の方が多く、平均寿命はなんと62歳となっています。

これには、体重を増やすための過度な食事による生活習慣病や過酷な試合でのダメージ蓄積など原因があります。

こういった背景もあり、岩友親方は42歳という若さでご逝去されてしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

岩友親方(木村山) 若すぎる死に驚きの声が多数

SNS上では、岩友親方の逝去を悲しむ声が多く寄せられています。

筆者もYoutubeなどで岩友親方の姿を拝見していたのでとても驚いてしまいました。

元力士はその体格から寿命が短いといわれていますが、あまりにも早すぎます。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

【なぜ】岩友親方(木村山)の死因となった病気は何?若すぎる死に驚きの声が多数 まとめ

いかがでしたでしょうか。

6月のイベントでも元気な姿を見せていたため驚いてしまった方も多いのではないでしょうか。

いつ何が起こるかわかりません。一日一日を大切にしていかないとですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次